EsQJFurVkAEp9My




















※注目チーム
no title
前評判から優勝候補に挙がる今大会の本命中の本命
圧倒的なフィジカルでキルを稼ぐ脳筋チーム
カスタム練習1日目、2日目では力の差を見せつけたが、3日目、4日目と徐々に調子を落としている
各チームの練度が上がりフィジカルに頼り切った攻めが通用しなくなってきており、本番までにチームとしての連携をいかに高められるかが優勝に直結しそう
1位/1/2/10位/5位




no title
Vtuber最強レイスの呼び声高い、パカエル率いる女性チームでBIGに次ぐ優勝候補
知る人ぞ知る存在だったがカスタム練習1日目で存在感を示し、やられた人は「この人やばい」と称賛した
3日目に100点を越える大量得点を獲得し、盤石かと思われたが4日目には再び下位に沈む結果に
BIG☆STARと同様にショットガンによるインファイトを得意としているが、実力下位のチームが長距離武器に切り替えたことにより接敵機会が減少し、一回のファイトの難易度が上がったことによりポイントを伸ばすことができなかった
トーマスGOGOに対しても積極的につぶしに行く動きを見せており、優勝を狙うホロ勢にとっては最大の壁となりそう
2/16/1/12位/2位




no title
Vtuber界でAPEX廃人の呼び声高い勇気ちひろ率いるにじさんじチーム
全体的にレベルが高い優勝候補の一角
カスタム初日から常に高順位をキープしており、今大会TOP3の中では一番安定している
イブラヒムが使用するクリプトは大会中限定でありながら、日を追うごとに練度が上がっている点が順位の安定につながっていそう
萌え声からは想像もつかない勇気ちひろの殺傷能力にも注目
3/2/4/2位/3位



キャプチャ
個人勢チーム
リーダーのTANUKINTVはAPEXシーズン2で、最高ランクであるプレデターを獲得した正真正銘の猛者
あさひも前回の最協決定戦で優勝しておりその実力は確かなもの
隠れ優勝候補であったが、カスタム練習を重ねるにつれて徐々にその本領を発揮し、5日目には総合1位の成績をとることに成功
本番までにチームとしての練度が上がれば総合優勝も狙える
9位/18位/3位/7位/1位




no title
全体的にレベルが高く、大会への意気込みも高いにじさんじチーム
カスタム練習中にもコーチからフィードバックをもらい成長著しい
TOP3チームに割って入る力は十分にある
トーマスGOGOと初動が隣ということもあり、お互いにかなり意識をした立ち回りをしている
リーダーの葛葉はトーマスGOGOを高く評価しており、負けた際も「うまいチームは動きが違う」と素直に賞賛した
トーマスGOGOを見る際は2窓で見るとおもしろいかもしれない
4/3/9/5位/4位



no title
我らがホロスタチーム
今大会屈指のエイム力をもつアステルがダメージを積み上げ、部屋を固めてファイトに持ち込ませないプレイスタイル
アステルは今回のカスタム練習でも異次元のダメージを叩きだし、「アステルって人マジでやばいぞ」と言われるほどの存在感を見せている
イズルも個人技では今大会TOP10に入る実力はあるがアステルとの意識がずれることが多く、2人の戦闘時の意思疎通が今後の課題
また、アルランディスは初心者ながらも根性で長時間APEXに挑戦し続けており、この2人の働き次第では優勝も狙える位置につけている
7/4/5/8位/6位



キャプチャ
管理人が個人的に気になっているチームで
珍しいガス構成となっており、黄色い煙が見えたらここ
カスタム練習3日目まで優勝候補のあっとぱわふると初動を被せ合い、あっとぱわふるが退くまで頑強に抵抗し続けた
自由に動けるようになった4日目から本領を発揮し、優勝争いに加わってきた
今大会では希少な生粋のスナイパーくぅの驚異的なエイムに注目
くぅちゃんかわいい
11位/12位/11位/3位/8位




no title
我らがホロライブ+ぶいすぽ!
すみれは毎回大会で好成績を連発する勝利の女神
初の大会参加となるトワがオーダーを任されどのようにチームを指揮していくか注目されたが、チーム方針により4日目からまつりがオーダーを担当している
また、5日目からまつりがメインキャラクターであるブラハにかえることも宣言しており24日まで時間がない中でどのように練度をあげていくかがカギになりそう
全員が安定したエイム力を持ち参加チームトップレベルのインファイト力を持つため、立ち回りが強化されれば十分優勝も狙える
6/5/7/13位/9位



no title
我らがホロライブ+ぶいすぽ!その2
のあは今大会でも屈指の突破力を持ち、近距離戦闘では無類の強さを発揮するマスターランク
ホロ勢が圧倒的に実力で劣る中で様々な批判もあったが、カスタム練習2日目では総合7位にランクインし、1日目の18位から大きく順位を上げて周囲からの批判を一蹴してみせた
また、4日目では念願のチャンピオンをとることに成功し、のあは感動のあまり「泣きそう」と感情を爆発させた
フブキ、ロボ子さんともにのあの期待に応えるべくAPEX配信の時間を多くとっているので本番もいい結果が出るように頑張ってほしい
18/7/6/6位/12位



キャプチャ
我らがホロスタロベルさんが参加するチーム
最協決定戦に突如に表れたダークホース
カスタム練習4日目に連続チャンピオンをとるもあまりの知名度のなさに「誰?」と言われてしまう始末
ダイヤランクですら弱いと言われてしまう大会において、その下のプラチナランクが1名に初心者のロベルを入れたメンバーで「歩くキルポイント」とまで言われるも、そんな不名誉な称号を連続チャンピオンで正面から粉砕してみせた
メイカ、乾は前回の最協決定戦で惜しくも準優勝で涙をのんだ経験もあり、立ち回りやファイトの実力は参加チーム中でも劣ってはいない
ノイジーズの名前の通り配信はとても賑やかなのでピリピリした雰囲気が苦手な人はぜひ見てほしいチーム
17位/9位/11位/4位/10位